Episodes

Season1 Episode1 " Uno "

以下の記事はネタバレを含みます。未見の方はご注意ください。

Storyline あらすじ

ジミー・マッギルは、公選弁護人の仕事をこなしながら成功を夢見る、うだつのあがらない新人弁護士。収入は少なく、借金がかさむばかりの日々にうんざりしたジミーは、なんとか大口の顧客を得ようと一計を案じるが…。
The only way that entire car is worth 500 bucks is if there's a 300 dollar hooker sitting in it.
1回300ドルの娼婦でも乗ってなきゃ、あの車に500ドルの価値なんかない

Trivia トリビア

シーズン1冒頭、ジーンが飲んでいるカクテルは「ラスティ・ネイル」

S1E1「駆け出し」冒頭の「ブレイキング・バッド」後のモノクロシーンで、ジーン(というかジミー)はソウル時代のTVCMを見ながらカクテルを飲んでいますが、このカクテルは「ラスティ・ネイル」のようです。

続きを読む

【S1E1 駆け出し】「ベター・コール・ソウル」の映画・ドラマ オマージュまとめ

「ベター・コール・ソウル」ではセリフや小物、人物の名前などに、映画やドラマのオマージュが隠されていたり隠されていなかったりします。このページでは、S1E1「駆け出し」のオマージュネタをまとめてみました。

続きを読む

ブレイキング・バッドにも出ていた「あの人」の出演は極秘扱いだった

「ブレイキング・バッド」に出ていた人物の誰がいつ登場するかも「ベター・コール・ソウル」の楽しみのひとつですが、シーズン1の最初に「あの人」が出演することは放映されるまで厳重に伏せられていました。

続きを読む

「ベター・コール・ソウル」冒頭のモノクロシーンは、一箇所だけ色が付いている

「ベター・コール・ソウル」の一番最初のエピソード(s1e1「駆け出し」)の冒頭は「ブレイキング・バッド」後のソウルを描いたモノクロのシーンで始まりますが、このシーン、全てモノクロの中一箇所だけ色がついています

続きを読む

「ベター・コール・ソウル」の「ブレイキング・バッド」ネタまとめ【s1e1】

「ベター・コール・ソウル」には、本家「ブレイキング・バッド」のイースター・エッグやパロディがたくさん仕込まれています。エピソード1だけでも6(※)8個ありました。 続きを読む

シーズン1 エピソード1 の全てのトリビアを見る (5件)

Cast キャスト

Music 音楽

音楽は主にBreaking Bad WikiaまたはTuneFindからの引用です。すべて網羅しているわけではないので、他にご存知の曲があったらコメント欄で教えてください!

プレイリスト

詳細

(リンク先 Youtube)
タイトル アーティスト シーン
Address Unknown The Ink Spots ティーザーのシナボンのシーン
Se bruciasse la città Massimo Ranieri ネイルサロンのBGM
Milestones Shook 「当たり屋」を実行するシーン

Data 放映データ

初回放送日 2015/2/8 放映時間 53分
ディレクター ヴィンス・ギリガン (Vince Gilligan)
脚本 ヴィンス・ギリガン (Vince Gilligan) & ピーター・ゴールド(Peter Gould)