「ベター・コール・ソウル」S1E1「駆け出し」の「ブレイキング・バッド」ネタまとめ

「ベター・コール・ソウル」には、本家「ブレイキング・バッド」のイースター・エッグやパロディがたくさん仕込まれています。エピソード1だけでも6(※)8個ありました。※2つ追加しました

ほとんどのネタは海外の掲示板やニュースサイトで見つけたものですが、誰でも気づくものから、よくこんなとこ気づいたな!というマニアックなものまでいろいろです。

以下、「ベター・コール・ソウル」はもちろん「ブレイキング・バッド」のネタバレにもなってます。未見の方は注意!

冒頭、「ブレイキング・バッド」でソウルが言った通りになっている

「ブレイキング・バッド」のs5e15「ニュー・ハンプシャー」で、ウォルターとソウルが「人消し屋」エドの隠れ家で口論になるシーンがありました。そのとき、ソウルは日本語翻訳版では「1ヶ月後には運が良くてもシナモンロール店の店長だ」と言っていますが、英語だと「If I’m lucky, month from now, best-case scenario, I’m managing a Cinnabon in Omaha.」と、はっきりオマハのシナボン、と言ってるんですね。

で、「ベター・コール・ソウル」エピソード1の冒頭(モノクロのシーン)で、ソウルは「ジーン」と名前を変えて、まさにオマハのシナボンで店長として働いています。冒頭いきなりこのシーンだったので「ちょw 言った通りwww」と笑ってしまいました。

bcs-brba-e1-1
「ブレイキング・バッド」s5e15「ニュー・ハンプシャー」
bcs-brba-e1-2
オマハだわシナボンだわ店長だわ…

また、このシナボンのシーンで、ソウルは自分をじっと見つめる男を追手と誤解していますが、このシーンも「ブレイキング・バッド」s5でジェシーが全く関係ない人をウォルターの刺客と誤解するシーンに似ています。

bcs-brba-e1-3
実はただ人を待ってるだけのお兄さん
bcs-brba-e1-4
実はただ子供を待ってただけのお兄さん
「ブレイキング・バッド」s5e12「狂気の犬」

タイトル・シークエンスのちゃちい「自由の女神」に見覚えが…?

タイトルと共にアップで映る安っぽいビニール製の「自由の女神」は、「ブレイキング・バッド」でソウルの事務所の屋根に掲げてあったものです。

「ベター・コール・ソウル」のタイトル・シークエンスは、全て「ブレイキング・バッド」時点の映像になっているようなので、こちらのトリビアにまとめてみました。
タイトル・シークエンスは全て「ブレイキング・バッド」時代の映像が使われている

brba-bcs-e1-01
「自由の女神」のどアップ
brba-bcs-e1-0
「ブレイキング・バッド」でソウルが初めて登場した回、s2e8「ソウルに電話しよう」

ジミーが住んでいるネイル・サロンは「ブレイキング・バッド」のあの人の家と同じ通りにある

ジミーが裁判所で公選弁護の報酬の安さに文句を言うシーンで、ジミーの住所が画面に映りますが、実はこの住所、ウォルターと一緒にガスの下で「調理」していたゲイル・ベティカーのアパートと同じ通り(Juan Tabo)です。

bcs-brba-e1-6
ゲイルの住所:6353 Juan Tabo, Apartment 6.
「ブレイキング・バッド」s3e13「向けられた銃口」
bcs-brba-e1-5
ソウルの住所:160 Juan Tabo NE Albuquerque New Mexico

ちなみにジミーの住所とされている160 Juan Taboには本物のネイルサロンがあります

この服装はもしかしてハイゼンベルク?

同じく裁判所で文句を言っているシーンで、洋服掛けにハイゼンベルクが着ていた服がかかっています。結構長々と映っているので意図的なイースター・エッグのようです。

bcs-brba-e1-7
「ブレイキング・バッド」s1e7 「犯罪の境界線」でトゥコとの初取引に臨むウォルターとジェシー
bcs-brba-e1-8
「ベター・コール・ソウル」の裁判所のシーン

「ブレイキング・バッド」でソウルが乗っていた車が登場している

裁判所を後にするジミー。ジミーが乗っているのはボロいスズキ車なんですが、「ブレイキング・バッド」ではキャデラックに乗っています。自分の車に乗る前に白いキャデラックに向かって歩いて行くので、同じ車に乗ってるのか?と思いきや…というシーンです。

bcs-brba-e1-9
実際のジミーの車はさらに左にあるスズキ エスティーム
bcs-brba-e1-10
「ブレイキング・バッド」ではソウルの車はキャデラック ドゥビル。s3e13 「向けられた銃口」

ジミーがケトルマン夫妻と待ち合わせたのは、マイク行きつけの喫茶店

ジミーがケトルマン夫妻と待ち合わせた喫茶店は、「ブレイキング・バッド」でマイクが行きつけにしていた喫茶店と同じお店、ロヨラズ・カフェです。リディアと待ち合わせたのもここでした。「ベター・コール・ソウル」でも、この後何度かこの店が出てきます。撮影に使われたのは、実際に営業している「Loyola’s Family Restaurant」というファミリー・レストランです。

bcs-brba-e1-11
ケトルマン夫人(ベッツィ)のイライラ感と…
bcs-brba-e1-12
リディアのイライラ感はちょっと似てる。
「ブレイキング・バッド」s5e2 「再始動に向かって」

ジミーのキーホルダーはウォルターが最終話でトリガーに使ったものと同じ

チャックの家に入る前にジミーは電子機器を全てポストに入れていますが、その時に映るジミーのキーホルダーは、「ブレイキング・バッド」最終話「フェリーナ」で、ウォルターがM60を起動させるのに使用したのと同じものです。

bcs-brba-e1-13
一瞬しか映らないです。気づいた人マニア過ぎる
bcs-brba-e1-14
「ブレイキング・バッド」s5e16 「フェリーナ」

HHMの受付嬢はジェシーのドラッグ・パーティに来ていた

HHMの受付にいてジミーに「ブレンダ」とよばれている女性、「ブレイキング・バッド」ではジェシーの家のパーティに来ていました。演じているのはサラ・ミニチ(Sarah Minnich)という女優さんです。

bcss1e1
「ブレンダ、 元気そうだね」
brbas4e2
「ブレイキング・バッド」s4e2 「生き地獄」

番外編:ネイルサロンは「ブレイキング・バッド」で登場した店とは別の店

海外の一部ニュースサイトなどでは、ジミーが住んでいるネイルサロンは「ブレイキング・バッド」でソウルがジェシーに購入を勧めたネイルサロンと同じ店、というトリビアを記事にしていますが、実はこれらは違う店のようです。

「ブレイキング・バッド」と「ベター・コール・ソウル」のロケ地をまとめた「A Guidebook to ‘Breaking Bad’ Filming Locations: Including first season of ‘Better Call Saul’」というマニアックな本があるんですが、この本の著者によれば別の店で、もちろん住所も違うとのこと。

bcs-brba-e1-16
「ブレイキング・バッド」s3e9 「不条理な世界」
bcs-brba-e1-15
似てるといえば似てる

ただ、パッと見似てる感じはするので、制作側は同じ店に見せたかったのかもしれませんね。

関連トリビア:他のエピソードについてはこちらもどうぞ↓
「ベター・コール・ソウル」の「ブレイキング・バッド」ネタまとめ一覧