「ベター・コール・ソウル」S3E4「サブロシート」の「ブレイキング・バッド」ネタまとめ

ベター・コール・ソウルS3E4「サブロシート」に出てくる「ブレイキング・バッド」のイースター・エッグやパロディをまとめました。

以下「ベター・コール・ソウルS3E4はもちろん、「ブレイキング・バッド」のネタバレも含みます。未見の方は注意!

またまた懐かしいメンバーが登場

シーズン3に入り、ガス・フリングが登場してからというもの怒涛の「ブレイキング・バッド」展開になっている「ベター・コール・ソウル」ですが、今回も懐かしい顔が登場しました。

ドン・エラディオ

人形と会話するおじさまエラディオかわゆす

エピソード冒頭の回想シーン。ガスがヘクター同様ずーーーーっと憎んでいたあのメキシコ・カルテルのドン・エラディオが登場しました。

相変わらず(というか)テンション高めでお元気そうです。

ドン・エラディオ登場シーンは彼の最期のシーンと同じ

「ベター・コール・ソウル」でのドン・エラディオ初登場シーンは「ブレイキング・バッド」での彼の最期のシーンとそっくりでした。どちらもプールに飛び込む(落ちる)ドンを水中から捉えたもので、このエピソードのディレクタートーマス・シュノーズ氏は意図的にこのように撮ったとインタビューで話しています。

「ベター・コール・ソウル」初登場シーン
「ブレイキング・バッド」でのお亡くなりシーン S4E10「復讐の杯」より

なぜ「ウインクするギリシャ人」がエラディオなのか?

ヘクターのアイスクリーム店「El Griego Guiñador」

この回想シーンでヘクターは自分の店の名前を「ボス(エラディオ)にちなんで付けた」と言っています。実際の店名は「El Griego Guiñador」ですが、意味は「ウィンクするギリシャ人」だとも言っています。何故ドンが「ウィンクするギリシャ人」なのか?

エラディオという名前は主にギリシャ系(もしくはスペイン系)の男性の名前だそうです。また、ドンがいつも着けているネックレスは「ギリシャの目(Geek Eyeball)」または「邪悪な目(Evil Eye)」と呼ばれる古代ギリシャから伝わるシンボルで、不幸から身を守るという意味があるとか(ネタ元Classroom)。たぶんドン・エラディオの先祖(もしくは本人)はギリシャ人で、「ギリシャの目」は片目なので「片方の目がない → ウインク」なんですね。

「ギリシャの目」のお守りもガスからは守ってくれなかったのか…。

登場シーンではいつも必ず身につけている模様
もちろん最期のシーンでも S4E10「復讐の杯」より

ちなみにこのネックレス、元々「ブレイキング・バッド」の小物としてオリジナルで作成されたものですが、作成した会社Brevardのオンラインショップ実際に購入できます。お値段約22万円(1,895ドル)。さすがドン、結構良いお値段ですねー。

S2E9「大成功」より。音楽に合わせてマスコットが首を振りまくるシーンも。

また、ドンをイメージして作ったものの本人には気に入られなかったかわいそうなマスコット人形ですが、S2E9「大成功」ヒメネス(今回ヘクターがドンに引き合わせた運転手。S2E10「引き金」で死亡)が運転しているトラックにちゃんと乗っていました。細かいw

ホアン・ボルサ

「ブレイキング・バッド」S3E8「復讐の裏側」より

「ブレイキング・バッド」でもガスとドン・エラディオの連絡係をしていたホアン・ボルサも登場しました。そういえばこの人もお亡くなりに…(遠い目

余談ですがこの回想シーン、時系列的には「ブレイキング・バッド」でカルテルが登場する回想シーン(S3E7「ハンクの苦しみ」の冒頭や、S4E8「ガスの過去」など)よりも後の話のようです(ややこしい)。

ガスに関するあの説が裏付けられた?

ヘクターは「ブレイキング・バッド」でもガスのことをゲイだと示唆していましたが、このエピソードでも「チキン兄弟というよりはケツ兄弟」だと言っています。少なくともヘクターはガスがゲイであると確信しているようです。

関連トリビア【ガスさまゲイ疑惑】ガスとマックスの関係は仕事だけじゃなかった? | Breaking Bad Fan JP

「(チキン兄弟)ていうよりケツ兄弟じゃないですかね」

ちなみに、チキンとケツではあんまり似てませんが(英語でもCheckenとbuttだし)、このシーンはスペイン語で話していて、実際のセリフは「Los Pollos Hermanos(ロス・ポジョス・エルマノス=チキン兄弟)」と「Los Culos Hermanos(ロス・クーロス・エルマノス=ケツ兄弟)」なので、スペイン語だと洒落になってるようです(ただしスペイン語のCulosには罵倒や侮辱の意味合いはないとかなんとか)。

今回もヘクターの将来が示唆されるシーンが

ヘクター関連でもう一つ。この回想シーンの最後、一人残されたヘクターを映すシーンではチリンチリンというベルの音がずっと鳴っています。S3E3「乗りかかった船」でのあるシーン同様、将来のヘクターを示唆しているようです。

「オジマンディアス」に出てくる消防署が…

ガスがとある消防署を訪れているシーンがありますが、この消防署、「ブレイキング・バッド」S5E14「オジマンディアス」ウォルターが娘ホリーを置き去りにしたあの消防署と同じ場所なんだそうです。なんと…。

こちらもディレクターのトーマス・シュノーズ氏が自身のTwitterで明かしていました。

「ブレイキング・バッド」S5E14「オジマンディアス」より
ホリーちゃん…(涙)

ちなみにこのスクリーンショットを撮るために人生何十回目かの「オジマンディアス」を観ましたが、何度観ても泣けます…。

関連トリビア:他のエピソードについてはこちらもどうぞ↓
「ベター・コール・ソウル」の「ブレイキング・バッド」ネタまとめ一覧