シーズン1冒頭、ジーンが飲んでいるカクテルは「ラスティ・ネイル」

S1E1「駆け出し」冒頭の「ブレイキング・バッド」後のモノクロシーンで、ジーン(というかジミー)はソウル時代のTVCMを見ながらカクテルを飲んでいますが、このカクテルは「ラスティ・ネイル」のようです。

rusty-nail

ラスティ・ネイル(Rusty Nail)はスコッチ・ウイスキーにドランブイ(Drambuie)というこれまたウイスキーベースのリキュールを加えたカクテル。比較的度数強めのカクテルのようです。

通常、ウイスキー3に対してドランブイ1程度の割合で配合、レモンやオレンジの皮やレモンジュースを数滴加える事もあるそうですが、ジーンの作ってるラスティ・ネイルはちょっと違います。

ベースはポピュラーなスコッチ「デュワーズ」

rusty-nail1注いでるのがデュワーズ、手前に見えてるのはドランブイ

氷を多めに入れて、まずはベースのウイスキーを注ぎます。

ジーンがベースに使っているのはスコッチ・ウイスキー デュワーズ(Dewar’s)のホワイトラベル。アメリカでは「スコッチといえばデュワーズ」と言われるほどメジャーだそうです。日本でも1,500円前後で売ってます。度数は40%。

LIVE TRUE|薄まらずに生きる|バカルディのコウベハイボール

ちなみにジーンが使っているデュワーズは2014年のリニューアル以前のものみたいで、今売られているものとはラベルが違うようです。「ブレイキング・バッド」最終話の「フェリーナ」時点で物語の中では2011年なのでこれはワザとかも…?(そこまで気にする人いないんじゃね?とも思うんですが、米掲示板Redditあたりなら誰かツッコミ入れそう)。

甘いリキュール「ドランブイ」を投入

rusty-nail2注いでるのがドランブイ、手前に見えてるのはデュワーズ

次にドランブイを追加。

ドランブイは数十種類のスコッチ・ウィスキーをブレンドしたものにハーブやスパイス、ハチミツやシロップ(!)などを配合するそうで、甘くてキツーいお酒のようです。度数はこちらも40%。

ジーンは結構どばどばドランブイを注いでるので、ウイスキー対ドランブイが1:1くらいになってます。かなり甘そう & キツそう。

ドランブイ – リキュール(ハーブ系) – 製品ラインナップ – Liqueur & Cocktail サントリー

レモンは多め

rusty-nail3

前述のように、ラスティ・ネイルにはレモンジュースを「数滴」加えることもあるようですが、ジーンは結構な量のジュースを入れています。甘いわ酸っぱいわキツいわ。

使ってるのはたぶんこれっぽい → REALEMON JUICE | Dr Pepper Snapple Group Product Facts

Wikipediaによると、ラスティ・ネイルの名前の由来は「色合いが錆びた(Rusty)釘(Nail)のように赤茶色なため」という説、「イギリスの俗語で『古めかしい物』という意味から来ている」という二通りの説があるそうですが、いずれにしても、ちょっとくたびれた感じで郷愁に浸ってるジーンにはぴったりな名前のカクテルですね。

どちらも日本で入手できるお酒なので、ちょっと元気が出ない夜にでも作ってみてはいかがでしょうか?

関連トリビア「ベター・コール・ソウル」冒頭のモノクロシーンは、一箇所だけ色が付いている

【おまけ】「ブレイキング・バッド」でもソウルがお酒を呑むシーンが

saul-goodman-alcohol

ちなみに「ブレイキング・バッド」でもS5E8「完璧な静寂」でソウルが一人オフィスで酒を注ぐシーンがありますが、これは透明なのでジンかウォッカかな?