「ベター・コール・ソウル」はシーズン3時点で2003年。「ブレイキング・バッド」まであと5年!

ベター・コール・ソウル」は「ブレイキング・バッド」の6年前から始まる話とされていますが、実際に今は何年なのか?複数の理由から、少なくともS3E6「別の名前で」時点では2003年の設定のようです。

以下「ベター・コール・ソウル」シーズン3および「ブレイキング・バッド」のネタバレを含みます!

理由その1 法廷にある看板に書いてある

S3E5「まやかし」で、ジミーとチャックの聴聞会が開かれた部屋の前にある看板に、2003年2月と書いてあるようです。

26:00頃に出てくる看板「ジェームズ・M・マッギル聴聞会 2-2003・B29」

これ、ネタ元はRedditなんですが、海外の熱心なファンは細かーーーいところまでみてて本当にビックリします。

これ一つだけでも2003年としてもいいような気もしますが、他のところ(どこかは不明)では11月になってた、という声もあったりして、他にも理由が寄せられていました。

理由その2 トゥコが人を刺したのが2003年

「ブレイキング・バッド」S2E2「消息不明」でハンクが「(トゥコは)2003年にメキシコ人を刺した」と言っています。

「トゥコが監獄で人を刺したとか」
「2003年にもメキシコ人を一人刺したらしい」

S3E6で、トゥコが刑務所で人を刺した上に看守を殴って独房行きになったことがわかりますが、ハンクが言ってるのはこの時の事のようです。

理由その3 「5年間弁護人を勤めている」というセリフ

「ブレイキング・バッド」S5E3「新しいチーム」(=この時点で2009年)で、ソウルは害虫駆除会社「バモノス・ペスト」の弁護人を5年間勤めていると言っています。

「12ヶ月で済んだことに乾杯だ」
「5年間、危険を冒して彼らを弁護士として助けてきた」

ジミーの資格停止期間は1年間なので、停止の解除が2004年、そこから5年間とすれば計算が合います。近いうちにトッドやアイラ(バモノス・ペスト社長)も登場するかもしれません。

【おまけ】 お酒(マッカラン)の年数

Redditでは、ハワードがチャックにあげたお酒「マッカラン」が35年物で1966年だから、2001年じゃない?という声もありましたが、あくまで醸造期間が35年というだけで、ボトルになってからはわからないので、あまり当てにならないそう。

ちなみにこのお酒、劇中に登場するのと全く同じ木箱に入ったマッカランがこちらのサイトにありましたが、これによるとボトルになったのは2002年みたいです。1年のズレはハワードが特別な日のために置いてたとか、店頭にでていたものの1年間売れなかったとかなんとか(てきとう)。

このお酒、お値段なんと270万円以上!

というかこのお値段が…。なんと18750ポンド、日本円にして270万円以上(!) 何回も計算し直したんですが27万円じゃなくて(それでもバカ高いですが)、270万円。超高額なお酒でした…。ハワードさんの年収とは…。

Macallan 1966 35 Year Old, Fine & Rare 2002 Bottling with Wooden Case | The Whisky Vault

というわけで、「ベター・コール・ソウル」S3E6の時点で2003年のようです。「ブレイキング・バッド」は2008年からの話なのでまだあと5年はありますね。「ブレイキング・バッド後」も描かれるかも?という話もあるようですし、「ベター・コール・ソウル」はまだまだ続きそうです(期待)。