タイトル・シークエンスは全て「ブレイキング・バッド」時代の映像が使われている

ベター・コール・ソウル」のタイトル・シークエンスは、どのエピソードでもややレトロっぽい荒れた映像の短いシーンですが、このシーン、全て「ブレイキング・バッド」時代の映像になっているようです。

以下、「ブレイキング・バッド」のマイルドネタバレになります。未見の方は注意!

Uno シーズン1 エピソード1「駆け出し」

アップで映る安っぽいビニール製の「自由の女神」は、「ブレイキング・バッド」でソウルの事務所の屋根に掲げてあったもの。

brba-bcs-e1-01
「自由の女神」のどアップ
brba-bcs-e1-0
「ブレイキング・バッド」ソウル初登場の回、s2e8「ソウルに電話しよう」

Mijo シーズン1 エピソード2「トゥコ」

白いキャデラックの後ろ姿が映りますが、これは「ブレイキング・バッド」でソウルが乗っていたキャデラック。このエピソードでは背景まで「ブレイキング・バッド」と同じです。

opening-bcs-2
キャデラックの後ろ姿。ナンバーは、LWYRUP (=lawyer up の略)
opening-brba-2
「ブレイキング・バッド」s3e13「向けられた銃口」

Nacho シーズン1 エピソード3「ナチョ」

金の天秤にタバコの灰を落とす女性の手が映りますが、この天秤はソウルの事務所にあったもの。

opening-bcs-3
この手が誰の手かはわかりませんが…
opening-brba-3
「ブレイキング・バッド」s5e10「埋められた財宝」

Hero シーズン1 エピソード4「ヒーロー」

引き出しの中にあるたくさんの携帯。この引き出しも、ソウルの事務所のもの。この中からキティちゃんの携帯をジェシーに渡しました(s5e11「告白」)。

opening-bcs-4
別のショットで、例のキティちゃん電話もコンマ2秒くらい映ります
opening-brba-4-s5e9
「ブレイキング・バッド」s5e9「汚れた金」

Alpine Shepherd Boy シーズン1 エピソード5「羊飼いの少年」

ソウル・グッドマンのベンチ広告が映りますが、これは囮捜査でバッジャーが捕まったとき座っていたのと同じベンチ(ただし電話番号が変わっています)。

opening-bcs-5
ソウルのベンチ広告。番号は(505) 503-4455
opening-brba5-s2e8
「ブレイキング・バッド」s2e8「ソウルに電話しよう」のティーザー。番号は(505) 164-CALL

Five-O シーズン1 エピソード6「警官」

荒野にポツンとある公衆電話にぶらさがった電話帳のページに、ソウル・グッドマンの広告が見えます。

opening-bcs-6
ソウルの電話帳広告

このシーンそのものは「ブレイキング・バッド」にはありませんが、名前が「ソウル・グッドマン」になっているので、やはり「ブレイキング・バッド」と同時期の映像だと思われます。

Bingo シーズン1 エピソード7「ビンゴ」

振動マシン、いわゆる「金魚運動器」がゆらゆら揺れていますが、これもソウルが事務所でたまに寝転がって使っていたもの。

opening-bcs-7
赤いスイッチも一緒
opening-brba-7-s3e6
「ブレイキング・バッド」でソウルがこのマシンを使っているシーン。s3e6「追いつめられた二人」

Rico シーズン1 エピソード8「RICO法」

ソウルが好きそうな派手なネクタイの横を歩くタランチュラ。タランチュラといえば「ブレイキング・バッド」ではドリュー少年がクモを捕まえるシーンやトッドがそのタランチュラを持って帰るシーンがありましたが、ソウルが登場する別のシーンでもこっそり登場していました。

opening-bcs-8
ちょこまか歩くタランチュラ
opening-brba-8-s5e11
荒野でウォルターを待つソウルとジェシーの前をタランチュラが横切る。s5e11「告白」

Pimento シーズン1 エピソード9「ピメント」

opening-bcs-9

ソウルの広告が入ったマッチが洗面台に捨てられています。このマッチは「ブレイキング・バッド」時代のソウルが連絡先を教える際に渡していたものらしく、ウォルターもスカイラーも持っていました。

opening-brba-9-s3e1
飛行機事故のニュースを聞きながらマッチをプールに投げるシーン s3e1「戻れない道」
opening-brba-9-s4e3
ソウルに電話しようと、スカイラーがキッチンの引き出しから取り出したマッチ。s4e3「マリーの苦しみ」

Marco シーズン1 エピソード10「マルコ」

マグカップが落ちて割れてしまうシーンが映りますが、このマグカップも「ブレイキング・バッド」ではソウルの机の上に置いてあります。

opening-bcs-10
「WORLD’S GREATEST LAWER」と書かれている
opening-brba-10-s3e11
s3e11「悪の住む街」

「ベター・コール・ソウル」スタッフの多くが「ブレイキング・バッド」にも関わっていたせいか、ふたつの作品への思い入れが感じられる、ファンには嬉しいタイトル・シークエンスになっていますね。