ロス・ポジョスの社員教育ビデオがあった!「ブレイキング・バッド」ネタも【1〜5】

社員教育ビデオ4 「Customer Service」

Better Call Saul Season 3 “Los Pollos Hermanos Employee Training” Promo #4 [HD] Giancarlo Esposito – We Got This Covered | Youtube

社員教育ビデオ第四弾は「Customer Service」。困った客にはどう対処するか?ガスが説明してくれます。
毎度の超てきとう訳注意

以下「ブレイキング・バッド」のネタバレを多々含みます。未見の方はご注意。

また会えたね!今日はカスタマーサービスについて話をしよう。君にももうわかっていると思うが、私たちはいつもお客さまに対して礼儀正しく、尊敬をもって接している。でももしお客さまがベストな状態でなかったとしたら?失礼なお客さま相手には平静を保つのが難しいかもしれないね。だから、これから私は困ったお客さまにうまく対処するための簡単なワザをシェアしようと思う。
早速見てみよう。このお客さまは注文が間違っていたと怒っているね。

「ブレイキング・バッド」「ベター・コール・ソウル」通して2回しか出てないのに人気のケンさんw

困ったお客さま = ケンさんwww

「ブレイキング・バッド」ではウォルターに車を爆破され、「ベター・コール・ソウル」ではジミーとキムにお金を騙し取られたある意味かわいそうなケンさんです。

【関連トリビア】 「ベター・コール・ソウル」の「ブレイキング・バッド」ネタまとめ【s2e1】

彼のものの言い方は残念だけど、苦情はもっともだ。まず謝って、間違いを正そう。自分に厳しくしすぎないようにね。ミスは起こるものだ。でも、同じミスを繰り返さないように

この「同じミスを繰り返すな」というセリフは、「ブレイキング・バッド」でガスがウォルターを自宅に招いた時に言ったアドバイスと全く同じです。

「Never make the same mistake twice.」
「同じ過ちを繰り返すな」

もしお客さまが満足しない場合は、苦情を好きに書き込める窓口のメールアドレスを教えよう。(客がアドレスの紙を破る) おやおや。こうなってくると問題だ。このお客さまは君に対して失礼なだけでなく、他のお客さまにも失礼だ。彼の振る舞いが他のお客さまのロス・ポジョス・エルマノス体験に悪影響を与える前に対処しなければ。

もっとも重要なのは、状況を悪化させないことだ。落ち着いて、店を出て行くよう言おう。君の安全と、お客さまの安全は、いつも最優先事項だ。もし君が身の危険を感じるような場合でも、警察は呼ばないこと。すぐにマネージャーに連絡しよう。あとは任せればいい。こういった状況は通常個別に、そしてほとんどの場合適切に、対処される。

対処怖えぇ

以下「ベター・コール・ソウル」S3E4のネタバレを含みます

警察は呼んじゃダメ!

以下「ブレイキング・バッド」ネタではないんですが、「ベター・コール・ソウル」S3E4「サブロシート」で、ロス・ポジョスにヘクターが現れたシーンについて。

海外掲示板Reddit等で「多くの客や従業員が明らかに怪しいヘクターを目撃していたにも関わらず、誰も警察を呼ばなかったのはオカシイんじゃないか?」と言ってる人がいたんですが、それに対する返事としてこのビデオが挙げられてました。要は従業員は基本的に「警察は呼ぶな」と教育されていたので呼ばなかったと。じゃあお客はどうなんだという話もありますが、そこは従業員が上手いこと言って帰らせたということで…。

それにしても、同エピソードのガスの演説シーンといい、このビデオの「君の安全と客の安全が最優先事項」というセリフといい、なんというホワイト企業ぶり…。警察呼んじゃダメだけど…。裏で麻薬作ってるけど…。

今日も参加してくれてありがとう! また次回。次は従業員の行動規範について話そう。

というわけで、次回は社員教育ビデオの第五弾「行動規範編」になるようです。楽しみ!

【UPDATE】 第五弾「行動規範編」も公開されました! 次のページをどうぞ。